2017年6月24日土曜日

シバミノガ

Nipponopsyche fuscescens Yazaki, 1926

Psychidae ミノガ科
〇2017/06/24 里山(幼虫)
 
 

ウマビル 馬蛭

Whitmania pigra

100078吻無蛭目 Arhynchobdellida
ヘモピ科 Haemopidae
〇2017/06/24 里山
 
 


キハダカノコ 黄肌鹿子蛾

Amata germana nigricauda (Miyake, 1907)

Ctenuchidae カノコガ科
〇2017/06/24 里山
 
 


2017年6月23日金曜日

ウコンエダシャク 鬱金枝尺蠖

Corymica pryeri (Butler, 1878)

シャクガ科(Geometridae)
エダシャク亜科(Ennominae)
〇2017/06/23 里山

〇2016.08.06 茨城南部
  • レモンイエローの目立つ蛾でした。
 
 

コカブトムシ 小甲虫、小兜虫

Eophileurus chinensis chinensis (Faldermann, 1835)

コガネムシ科  カブトムシ亜科
〇2017/06/23 里山

○2016.05.26 里山
  • 胸部背面がへこんでいるのですね。


○2011.05.10 家で
  • 23mm
  • いつの間にか家の中に、こんな大きなものがどうして?
  • 小さな角があるこんなカブトムシがいるのは全く知りませんでした。


ヨスジノメイガ 四条野螟蛾

Pagyda quadrilineata

ツトガ科(Crambidae)
ノメイガ亜科(Pyraustinae)
〇2017/06/23 里山(幼虫)

  • ムラサキシキブで


○2012.06.19 家の庭
  • 前翅長13mm程度
  • フナバラソウについている幼虫と関係があるかと思いましたが、違っていました。



アキアカネ 秋茜

Sympetrum frequens

トンボ科 Libellulidae
アカネ属 Sympetrum
〇2017/06/24 里山(羽化直後)

○2014.10.02 乙戸沼
  • アキアカネが赤くなるのは、これが精一杯

○2013.11.09 家の庭で(♂)
  • 赤くなっています。

○2012.08.04 野反湖で(♂)
  • 少し色づいているようです。

○2009.07.16 井戸湿原で(♀)



ナゴヤサナエ 名古屋早苗

Stylurus  nagoyanus (Asahina, 1951)

Gomphidae サナエトンボ科
〇2017/06/23 里山


  • 初見
  • オオサカサナエ、メガネサナエと似る。
  • 名前の由来は、名古屋で最初に発見されたことによる。
 
 

2017年6月20日火曜日

ホシシャク 星尺蠖

Naxa seriaria (Motschulsky, 1866)

315190660200
Geometridae シャクガ科
Oenochrominae ホシシャク亜科
〇2017/06/20 里山

  • イボタノキで一斉に羽化したいました。
  • 小さいのが♂で白っぽく、大きい♀は少し透けて見えるのだそうです。

〇2014.05.10 里山で

  • イボタノキで
  • 宙吊りの蛹が観察できるかもしれません。

〇2011.06.23 庭で


  • この蛾もとても綺麗です。
  • 幼虫の食餌植物はイボタノキ、ネズミモチだそうですが、どちらも、庭にあります。
  • 宙吊りの蛹を見てみたいものです。





ミドリシジミ 緑小灰蝶

Neozephyrus japonicus (Murray, 1875)

アゲハチョウ上科 Papilionoidea
シジミチョウ科 Lycaenidae
ミドリシジミ亜科 Theclinae

〇2017/06/20 里山


  • ♀O型
  • 捕まえると、死んだふりをしました。


〇2014.06.27 里山で

  • ちょっと擦れていますが、久しぶり。


○2012.07.04 茨城南部の里山で
  • ハンノキの下で
  • 表側はエメラルド色に輝いて、♂でした。

【参考】 軽井沢の蝶(♀は、遺伝的多型で、数パターンあるようです。)


ゴマダラカミキリ 胡麻斑天牛

Anoplophora malasiaca (Thomson, 1865)


Cerambycidae カミキリムシ科
Lamiinae フトカミキリ亜科
Lamiini
〇2017.06.20 里山

○2014.06.05 青梅で

○2010.06.18 庭で
  • 35mm程度
  • 比較的によく見かける

white‐spotted longicorn beetle


ナミテントウ 並瓢虫、並天道

Harmonia axyridis  (Pallas, 1773)

Coccinellidae  テントウムシ科
Coccinellinae テントウムシ亜科
〇2017.06.20 黒地黄斑紋型

○2016.05.24 庭で(紅型)

  • クヌギで

○2014.04.23 庭で(二紋型)


  • ユキヤナギで
  • 一枚目の写真には、餌となるユキヤナギアブラムシも写っています。


○2012.5.4 庭のサンザシで(卵から孵化まで)




○2010.06.17 家の庭(幼虫)

○2012.05.04 家の庭(成虫)
  • 紅型ですが、だいぶ赤いです。

  • 四紋型です。

○2011.5.30 庭で

  • ナミテントウの斑紋は変異が多いようですが、大きく四つのタイプに分かれるようです。
  • 黒地に二つの紋がある二紋型、四つの紋がある四紋型、斑模様の斑型、そして、赤地に斑紋がある紅型
  • 一番見られるのは二紋型で、紅型の斑紋は遺伝的に劣勢なので、比較的に見られないようです。
  • また、北では、紅型が比較的に多いようですが、地球温暖化の影響で、だんだん北でも二紋型が増えているそうです。なかなか、興味深いところです。
参考
  あかしあさん ナミテントウの斑紋について 
  新潟大 祝前博明さんの論文


2017年6月18日日曜日

ヒメサナエ 姫早苗

Sinogomphus flavolimbatus (Oguma, 1926)

073000100000
Gomphidae サナエトンボ科
〇2017/06/18 袋田(♀)

  • 初見でした。
 

ムラサキトビケラ 紫飛螻蛄

Eubasilissa regina (MacLachlan, 1871)

300000090100
Phryganeidae トビケラ科
Phryganeinae 亜科
〇2017/06/18 袋田


  • 駐車場に死骸がありました。


2017年6月16日金曜日

ヒメカメノコテントウ 姫亀子瓢虫

Propylea japonica  (Thunberg, 1781)

甲虫目>テントウムシ科>テントウムシ亜科
〇2017.06.16 背筋型


○2012.05.29 四紋型
  • 肩紋型を含めて、背筋型とする人もいるようです。

○2011.06.11 肩紋型


○2011.06.07 黒型
  • 触角の先が膨らんで、上翅の中央前よりに少しだけオレンジの模様がありました。
  • よく似た虫がいるもので、ダンダラテントウ?、ヘリグロテントウノミハムシ?などと調べていたところ、ヒメカメノコテントウに黒型があるのを見つけました。ヒメカメノコテントウの模様も変異が非常に多いようです。

○2011.05.18 基本型