2015年9月29日火曜日

ビジョオニグモ 美女鬼蜘蛛

Araneus mitificus (Simon 1886)

コガネグモ科
オニグモ属
〇2015.09.29 庭で(♀)

  • やっぱり綺麗です。


○2012.06.26 家の庭で(幼体)
  • 4㎜程度
  • 天幕住居をつついていたら、落ちてしまいました。ゴメン。


○2010.09.20 家の庭で(成体♀)


  • 家の庭で草刈りをしていると
  • 体長9mm程度
  • 白地に黄色の横条と黒点がある美しいクモ
参考
文一総合出版「日本のクモ」新海栄一著P195


2015年9月27日日曜日

ユミアシゴミムシダマシ 弓脚偽歩行虫

Promethis valgipes  (Marseul, 1876)


Tenebrionidae ゴミムシダマシ科
Tenebrioninae ゴミムシダマシ亜科
〇2015.09.27 家で


  • どういう訳か家の中で
  • 体長23㎜程度
  • 名前の由来は、前脛節が弓型になっていることからだそうです。

2015年9月26日土曜日

コゲチャオニグモ 焦げ茶鬼蜘蛛

Neoscona punctigera (Doleschall 1857)

コガネグモ科
ヒメオニグモ属
〇2015.09.26 ♀

 ヤマシロオニグモの♂を間違えて掲載していたようです。

2015年9月19日土曜日

ナガコガネグモ

ナガコガネグモ 長黄金蜘蛛
Argiope bruennichii (scopoli 1772)

Araneidae コガネグモ科
〇2015.09.19 里山で(♂)


○2011.08.09 家の庭で(♀)

○2010.11.20 茨城南部の里山で(卵嚢)
  • 徳利型の卵嚢には蓋がありました。蓋を開けると中は黄色い数の子みたいな卵がびっしり?
  • 『ナガコガネグモの卵嚢は小さな巾着 開けてみたいがぐっと我慢』と書いている方がいらっしゃいまいしたが、同感です。

○2010.08.07 牛久(三日月橋付近 ♀)



ザトウムシの類(モエギザトウムシ?)

Opiliones sp.

〇2015.09.19 里山で

  • ザトウムシは肉食系とはしっていたのですが、獲物を捕っているのは初めて見ました。
  • 獲物はアリのようです。
  • モエギザトウムシの幼体に似ていますが、はて?


2015年9月14日月曜日

チャバネアオカメムシ 茶翅青亀虫

Plautia crossota stali Scott, 1874


Pentatomidae カメムシ科
Pentatominae カメムシ亜科
〇2015.09.14 里山で(5齢幼虫)

○2012.05.25 庭で(成虫)
  • ハギの類の葉を吸っているように見えました。
  • 体長10-12㎜程度 光沢のある緑色をして、前翅が紫がかった褐色をしたカメムシ
  • 近似種のヒメチャバネアオカメムシ(7.5ー9.5㎜)とは大きさと、前胸背側縁の稜が黒くなっているかで区分するそうです。
【参考】
日本原色カメムシ図鑑 図版112 解説P229

○2011.06.24 庭で(孵化)

○2011.06.22 庭で(卵を発見)
 
横から見た卵

○2010.12.02 庭で(越冬型)
  • 枯葉の中で越冬中の個体をみつけました。



ナカグロクチバ 中黒朽葉

Grammodes geometrica (Fabricius, 1775)

    ヤガ科
    シタバガ亜科
    〇2015.09.14 里山
    • 後翅もきれいです。

    〇2010.09.18 里山
    • 上翅の模様が印象的
    • 南方系の蛾のようですが、すでに2007年頃には埼玉で見られるようになっており、群馬でも見られるようです。それでは、茨城南部にいてもおかしくはないですね。
    参考 いつものとおり、みんなで作る日本産蛾類図鑑


    2015年9月6日日曜日

    セミヤドリガ 蝉寄生蛾

    Epipomponia nawai (Dyar, 1904)

    セミヤドリガ科(Epipyropidae)
    ○2015.09.06 茨城南部

    • たまたま出会いました。
     
     
    【参考】