2018年10月7日日曜日

メガネアサヒハエトリ 眼鏡朝日蝿取

Phintella linea (Karsch 1879)


ハエトリグモ科
○2018.10.07 里山 ♂
  • 眼鏡は雌の雌性器の形状から
  • 種小名のlinea=「亜麻の」は、雌の体色が亜麻色であることからのようでが、雄の模様もなかなかいいと思います。


節足動物門 Arthropoda > 鋏角亜門 Chelicerata > クモ綱(蛛形類) Arachnida > クモ亜綱(柄腹類) Araneomorpha > クモ目 Araneae > フツウクモ亜目 Araneomorphae > ハエトリグモ科 Salticidae


2018年10月6日土曜日

ウラナミシジミ 裏波小灰蝶

Lampides boeticus (Linnaeus, 1767)

Lycaenidae シジミチョウ科
Lycaeninae シジミチョウ亜科
Polyommatini ヒメシジミ族
○2018.10.6 里山 ♀
  • 後翅の黒点列が目立ち、前翅の暗色部がはっきり広いことから♀のようです。(フィールドガイド 日本のチョウP138)

〇2016.09.24 里山


2011.09.24 牛久市観光アヤメ公園で

  • シロハギで吸蜜していました。
  • 越冬できるのは、関東南部の沿岸の温暖地域までとされていますので、茨城では越冬できないのですが、秋になると目立ちます。
  • こちらは、前翅の暗色部が狭く、黒点列が目立たないので、♂のようです。(フィールドガイド 日本のチョウP138)


【英名】 Long-tailed Blue


ホシホウジャク 星鳳雀

Macroglossum pyrrhosticta

スズメガ科(Sphingidae)
ホウジャク亜科(Macroglossinae)
○2018.10.06 里山

  • ミゾソバで吸蜜


○2013.12.03 近所で

  • クロホウジャクに似るが本種の方が幾分小型。前翅第6室亜外縁に長方形の黒い紋がある。
  • 名前の似ているホシヒメホウジャクは、属も異なり、更に小型。前翅の内縁が抉れている。
【参考】 蝶の各部の名称
      翅の各部名称

2011.10.13 陸平で

翅の形や模様が透けて見えます
  •  ホシホウジャクの写真も撮れました。
  • お茶の花で何匹も吸蜜
  • 後翅の黄橙の帯の形状などからホシホウジャクとしました。
  • 近似種のクロホウジャクはやや大振りで、後翅の帯は膨らんでおらず、小振りのホシヒメホウジャクは三角形に見えるようです。


【参考】


ナメクジ 蛞蝓

Meghimatium bilineatum


ナメクジ科 Philomycidae
○2018.10.06 里山
  • あまり、見かけないような気がします。



日本産生物種数調査での分類 既知種4種
動物界 Animalia > 軟体動物門 Mollusca > 腹足綱 Gastropoda > 有肺亜綱 Pulmonata > Stylommatophora(柄眼目、マイマイ目) > ナメクジ科 Philomycidae

生物多様性調査では、3種が登録
イボイボナメクジ Granulilimax fuscicornis
ナメクジ Meghimatium bilineatum

蛞蝓(かつゆ)
蛞 カツ、おたまじゃくし JIS第2水準
蝓 ユ 蛞と組み合わせて、なめくじ JIS第2水準

ツチイナゴ 土蝗

Patanga japonica (Bolivar, 1898)

Acrididae バッタ科
○2018.10.06 里山
  • 幼虫の黒化個体のようです。
○2014.09.03 陸平(美浦村)
  • 翅芽(しが)が大きくなっているので、終齢近くなのでしょうか。
  • バッタは、4~8回脱皮するというのですが、ツチイナゴはどうなのでしょうか。
  • 越冬前に、少なくとも、もう1回は脱皮することになります。
○2013.09.28 雪入で
  • 秋に羽化して、成虫で冬越しです。
  • 光の加減で、細毛がよく見えます。
  • 羽化(最後の脱皮)直後のようです。
○2010.01.19 高崎の森で
  • 冬越中を起してしまったでしょうか。


Patanga japonica is a Japanese grasshopper.
Patanga japonica is distributed over China, India widely any place other than Japan.

2018年10月4日木曜日

ツメクサガ 詰草蛾

Heliothis maritima adaucta Butler, 1878


ヤガ科(Noctuidae)
タバコガ亜科(Heliothinae)
○2018.10.04 牛久沼(花壇)
   

  • 発生時期が7-8とされているのに、新鮮な個体です。年2化なのか、誤差の範囲?
  • 吸蜜しているのは、ムラサキカッコウアザミ(紫藿香薊)

〇2015.09.20 龍ヶ岡公園


  • 当初、ニホンセセリモドキとしていましたが、Hepotaさんからご指摘があり、ツメクサガに訂正します。ありがとうございました。
  • 成虫出現期は、7月~8月で昼行性。
  • 時期は少しずれますが、食餌植物は、ムラサキツメクサ。ぴったしでした。
  • 何をしているかとおもったのですが、疑問も氷解です。



節足動物門 Arthropoda > 大顎亜門 Mandibulata > 昆虫綱 Insecta > 鱗翅目(チョウ目) Lepidoptera > ヤガ上科 Noctuoidea > ヤガ科 Noctuidae > タバコガ亜科(Heliothinae) 
総目録では、12種3亜種

オオタバコガ Helicoverpa armigera


チャバネセセリ 茶翅挵(蝶)

Pelopidas mathias (Fabricius, 1798)


Hesperiidae セセリチョウ科
Hesperiinae セセリチョウ亜科
○2018.10.04 牛久沼(花壇)

  • ムラサキカッコウアザミ(紫藿香薊)で吸蜜

○2014.07.18 里山で
  • 白紋が小さく、♂でしょうか。
【参考】 フィールドガイド 日本のチョウP305~
○2007.07.28 家の庭

オオタバコガ 大煙草蛾

Helicoverpa armigera armigera (Hübner, [1808])

ヤガ科(Noctuidae)
タバコガ亜科(Heliothinae)
○2018.10.04 牛久沼(花壇)
  

  • タバコガと似ているのですが、後翅の翅脈が黒褐色なので、見分けがつくようです。

○2011.11.22 家の庭(幼虫)
  • 菊の花びらを食べているようです。この時期になっても終齢ではないようで、ちょっと心配です。
  • 筒状花に潜り込むように食べるそうですが、その気配はありません。

節足動物門 Arthropoda > 大顎亜門 Mandibulata > 昆虫綱 Insecta > 鱗翅目(チョウ目) Lepidoptera > ヤガ上科 Noctuoidea > ヤガ科 Noctuidae > タバコガ亜科(Heliothinae) 
総目録では、12種3亜種

ツメクサガ Heliothis maritima




シロオビノメイガ 白帯野螟蛾

Spoladea recurvalis (Fabricius, 1775)

ツトガ科(Crambidae) 
ノメイガ亜科(Pyraustinae)
○2018.10.04 牛久沼(花壇)
  • 裏側から
○2014.09.10 美浦村・陸平

○2012.10.31 我が家で
  • よく見る蛾です。




2018年10月3日水曜日

カスリウスバカゲロウ 絣蛟蜻蛉

Distoleon nigricans


ウスバカゲロウ科 Myrmeleontidae
ウスバカゲロウ亜科 Myrmeleontinae
ヒメウスバカゲロウ族 Nemoleontini
カスリウスバカゲロウ亜族 Neuroleontina
Genus Distoleon
○2018.10.03 龍ケ崎 幼虫
  • 体型、模様、頭部の形状などから。さて、あっているでしょうか?
  • それにしても、近縁のツノトンボのように徘徊性ではないものの、非巣穴形成種とは驚きです。逆に、アリ地獄を形成するもののほうが少ないとは・・・



節足動物門 Arthropoda > 大顎亜門 Mandibulata > 昆虫綱 Insecta > 脈翅目(アミメカゲロ目) Neuroptera > 扁翅亜目(アミメカゲロウ亜目) Planipennia > ウスバカゲロウ上科 Myrmeleonoidea > ウスバカゲロウ科 Myrmeleontidae