2012年7月29日日曜日

ムネアカセンチコガネ

ムネアカセンチコガネ 胸赤雪隠金亀子(黄金虫)
Bolbocerosoma nigroplagiatum
Geotrupidae  センチコガネ科

○2012.07.29 家の庭(♂追加)
  • 前胸背板の突起がはっきり見えます。


○2012.05.30 家の庭で(♂)

  • 体長12mm程度
  • ♂は頭部や前胸背板に小さな突起があるとされているので、この個体は♂のようです。
  • 斑紋に変異があるようで、図鑑よっては、前胸背板が黒い個体の写真が載っていました。
  • この種については、センチコガネ科とするもの、コガネムシ科とするもの、ムネアカセンチコガネ科とするものなど、分類が流動的なようですが、MOKUROKUにしたがって、センチコガネ科としました。




2012年7月28日土曜日

コスカシバ

コスカシバ 小透翅
Synanthedon hector


Sesiidae スカシバガ科
Sesiinae スカシバガ亜科
○2012.07.28 茨城南部(♂)
  • 触角は棍棒状。尾部には、雌には房状、♂には軍配状の鱗毛があるそうです。
  • この個体は軍配状なので、♂
  • モモブトスカシバなどは、脚が毛深いのですが、コスカシバの脚は、あまり毛がなく、黄色でお洒落です。
  • 横からの写真を撮っていたら、逃げてしまいました。ボケていますが、とりあえず乗せておきます。
  • コスカシバの仲間(Synanthedon属)は皆似ているようです。腹部の黄色の条模様で区別するのでしょうね。



【スカシバ亜科33種のうち 掲載種】


2012年7月27日金曜日

ギンシャチホコ 銀天社蛾

Harpyia umbrosa (Staudinger, 1892)

315230760000
Notodontidae シャチホコガ科
○2012.07.27 幼虫その後3
  • 随分なおデブです。縮んでいますが、40mm以上。もう終齢と思われます。

  • 一緒に、飼育箱に入っていた幼虫は蛹化しだしました。


○2012.07.08 幼虫その後2
  • だいぶ大きくなり、緑色が目立ってきました。
  • ギンシャチホコの幼虫で間違いないようです。


○2012.06.27 幼虫その後
  • 3匹ほど、飼育箱に確保したのですが、まだ何匹か、コナラにいます。
  • 8mm程度で少し育ったのでしょうか?


○2012.06.25 家の庭で

  • コナラの葉裏で 5mm程度
  • 2齢になるのでしょうか、まだ、若齢なので虫の糞に擬態しているように見えました。
  • あちらこちらのサイトを覗いても、形状はほぼ同様でも、色や大きさが異なり、同じような幼虫は見つかりませんので、疑問が残ります。
  • 終齢は45mm程度になるようですので、暫く観察する予定で、飼育箱行きを予定しています。





2012年7月21日土曜日

アケビコノハ 通草木葉蛾

Eudocima tyrannus (Guenée, 1852)

Noctuidae ヤガ科
Calpinae (エグリバ類)
○2012.07.21 茨城南部の里山(夜の観察会)で
緑型
○2012.05.19 里山で(幼虫)

  • 終齢ではないようです。
  • カラフルです。


○ 2011.11.04 家の庭(成虫)
  • 庭の手入れをしていて見つけました。
  • 椿は常緑なので、かくれんぼは、いまいちですね。
  • 内側は鮮やか
○ 2009.10.28 庭のアケビ(通草、木通)で(幼虫、蛹)
  • ポッテとして、目玉模様が特徴
  • 頭を丸めて、尾部を持ち上げて、おかしなつかまり方です。
  • 本当は、数枚の葉で覆われているはずですが・・・
  • 数日後には、見当たらなくなっていました。目立ち過ぎだったのかもしれません。





ホソバセセリ


ホソバセセリ 細翅挵(蝶)
Isoteinon lamprospilus

Hesperiidae セセリチョウ科
Hesperiinae セセリチョウ亜科
○2012.07.21 茨城南部の里山(夜の観察会)で
  • 夜8時半頃。初見です。
  • 蝶も夜寝るのだそうですが、普段は近づけないほど近づいて写真を撮ることができました。
  • なにしろ、目を閉じるわけでもないので、区別は難しいのですが、動かないこと、前翅が後翅に隠れるように見えること、さらに触角を翅の中に隠している場合もあるようです。
  • 食草はススキなどのようですが、平地や市街地では見られないなど、局地的にしか見られないようです。

ハネナシコロギス


ハネナシコロギス 羽無蟋蟋螽
Nippancistroger testaceus

Gryllacrididae コロギス科
○2012.07.21 茨城南部(夜の観察会)で ♂
  • 昼は見かけないのですが、葉の上で。長い触角ですね。
  • 驚くと、すぐに葉から飛び降りて隠れてしまいます。


ニイニイゼミ

ニイニイゼミ にいにい蝉
Platypleura kaempferi

Cicadidae セミ科
Cicadinae セミ亜科
○2012.07.21 茨城南部の里山(夜の観察会)で
  • 18時30分集合で探し始めると、あちこちの木で幼虫が脚を開いてしっかりと木に掴まって、羽化の開始です。


  • だいぶ、体がでてきている個体を観察。反り返りながら、体を抜いていきます。殻の気門に糸でつながっていて、糸をひいているのが、見えました。

  • 観察を始めて30分を経過。脚を時々動かして、脚が固まるまで待ってから、腹筋運動のように体を持ち上げて、殻にしっかり掴まって、お尻を抜きました。


  • 同じころに、羽化を始めた個体を1時間15分後にみてみると、緑がかっていますが、蝉らしくなっていました。

  • これは、羽化終了でしょう。それにしても、夜の6時過ぎには羽化が始まっているのですね。


2012年7月18日水曜日

カシワマイマイ


カシワマイマイ 柏舞舞蛾
Lymantria mathura aurora
ドクガ科 Lymantriidae

○2012.07.18 羽化(♂)


  • 長野に行っている間に、羽化していました。
  • 前翅長 21mm程度
  • ノンネマイマイの幼虫と思って観察していたのですが、大きくなるにしたがって疑問になってきました。案の定、カシワマイマイ(♂)でした。



  • 6月末頃、ヤマモモから、ウツギに移動して蛹化(ネットの中だったので、ほかになかったのですが) 上は抜け殻


○2012.06.13 老齢幼虫


  • 体長約50mm だいぶ白っぽくなってきました。
  • 胸部第3節の模様、腹部第4節後半から第6節の前半までの模様もはっきりしてきて、終齢でしょうか。
  • 背中のコブも白っぽくはなってきたのですが、青くはならないようです。
  • このまま、ここで、蛹になってくれると良いのですが。北海道では7月上旬に蛹化し、8月上旬に羽化となっていますが、半月ほど早くなるのでしょうか。年1化ですので、チャンスは1回です。


○2012.06.07 その後2

  • 体長30mm
  • 胸部第3節と腹部第5節の黄白色の模様が目立ってきました。背中のコブは橙っぽいままです。


○2012.06.04 幼虫その後
  • 背面のコブが目立つようになりました。


○2012.05.29 家の庭で(幼虫)

  • ヤヤモモについていました。
  • 若齢幼虫のようです。
  • 腹部第6,7各節背面中央のオレンジ色の小突起(背腺)が目立っています。
  • 老齢幼虫はだいぶ違っているようです。




2012年7月17日火曜日

オオトゲシラホシカメムシ


オオトゲシラホシカメムシ 大棘白星亀虫
Eysarcoris lewisi

Pentatomidae カメムシ科
Pentatominae カメムシ亜科
○2012.07.17 白馬五竜(高山植物園)で

  • 1650m位のところで
  • 北日本に多いカメムシのようです。
  • トゲシラホシカメムシとよく似ているようです。腹部を確認してこなかったのですが、前胸背の側角が長く突出し、鋭いようですので、オオトゲシラホシカメムシとしました。

     日本原色カメムシ図鑑 図版102 解説P224



フタスジチョウ


フタスジチョウ 二条蝶
Neptis rivularis (Scopoli, 1763)

タテハチョウ科 Nymphalidae
イチモンジチョウ亜科 Limenitinae
○2012.07.17 白馬五竜(高山植物園)で
  • イチモンジにしては何か変?
  • 帰って調べたら、フタスジチョウ。初見です。

エゾイトトンボ 蝦夷糸蜻蛉

Coenagrion lanceolatum

イトトンボ科 Coenagrionidae
エゾイトトンボ属 Coenagrion
○2012.07.17 白馬五竜(高山植物園)で(交尾)

○2010.06.17 栃木県塩原で(♂)

  • 腹部第2節背面のの黒斑の模様が、スペード型に見えるので、エゾイトトンボとしました。
  • この日は、オゼイトトンボも見ることができました。

【参考】 神戸のトンボ

【掲載しているエゾイトトンボ属】 オゼイトトンボ



ヒメギス

ヒメギス 姫螽蟖
Eobiana engelhardti subtropica
バッタ目>キリギリス科

○2012.07.17 白馬五竜(高山植物園)で


○2011.06.03 家の庭



キイロケブカミバエ


キイロケブカミバエ 黄色毛深果実蠅
Xyphosia punctigera


ミバエ科 Tephritidae
ケブカミバエ亜科 Tephritinae
○2012.07.17 白馬五竜(高山植物園)で
  • オニアザミの茎についていました。
  • 尾部の様子から、♀のようです。
  • 幼虫は、アザミの花の中で種子を食べて育つそうです。




キスジホソマダラ

キスジホソマダラ 黄条細斑蛾
Balataea gracilis gracilis
チョウ目(鱗翅目)>マダラガ科>クロマダラ亜科

○2012.07.17 白馬五竜で(♀)

  • イワシモツケ(岩下野)で吸蜜
  • 触角の形状から♀のようです。


○2011.08.20 里山で

  • 前翅長10mm程度
  • なかなか綺麗な蛾です。
  • 触角が櫛歯状なので、♂のようです。

【参考】


黒いフキバッタ(若虫)

フキバッタ(蕗飛蝗)の類


バッタ科 Acrididae
フキバッタ亜科 Melanoplinae
○2012.07.17 白馬五竜(高山植物園)で

  • 15mmほどの若虫
  • 真っ黒で、とてもかっこいいです。仮面ライダー・ブラック?
  • フキバッタは飛べないことから、地域分化が進んで、同定は困難なようです。


オオオバボタル 大姥蛍

Lucidina accensa Gorham, 1883 

ホタル科 Lampyridae
マドボタル亜科 Lampyrinae
○2012.07.17 白馬村で
  • 13㎜程度。オバボタルより、だいぶ大きく、触角が目立ちます。
  • 成虫もかすかに光るようです。




アカスジアオリンガ


アカスジアオリンガ 赤条青實蛾
Pseudoips sylpha


コブガ科 Nolidae
リンガ亜科 Chloephorinae
○2012.06.17 白馬村で

  • アオスジアオリンガとよく似ているようです。
  • 白い条がややぼやけ、前翅前縁に向けて、やや狭くなっていると思われることから、アカスジアオリンガとしました。
  • 昔は、夏型がシロスジアオリンガとされていたことがあるようです。

     nabeさん「四国産蛾類図鑑」



ハイイロオオエダシャク


ハイイロオオエダシャク 灰色大枝尺蠖
Biston regalis comitata

シャクガ科 Geometridae
エダシャク亜科 Ennominae
○2012.07.17 白馬村で

  • なかなかお洒落です。





2012年7月16日月曜日

キイロシリブトジョウカイ

キイロシリブトジョウカイ 黄色尻太浄海坊(?)

Yukikoa wittmeri


ジョウカイボン科 CANTHARIDAE
ジョウカイボン亜科 CANTHARINAE
○2012.06.16 栂池で
  • サンカヨウの葉影に隠れるようにしていました。
  • webで探したのですが、写真は見つかりません。
  • 何とも、翅が足りない感じです。

【参考】 山渓フィールドブックス「甲虫」 P194




ハイイロハナカミキリ


ハイイロハナカミキリ 灰色花天牛
Rhagium (Rhagium ) japonicum


カミキリムシ科 Cerambycidae
○2012.07.16 栂池で


  • 15mmほど。初見
  • ホンドハイイロハナカミキリ、ニセハイイロハナカミキリなど似た仲間がいるようです。

【参考】 池修さん「カミキリ情報館」 Longhorn Beetle of Japan
       ハイイロハナカミキリ