2017年7月29日土曜日

ウンモンツマキリアツバ 雲紋褄切厚翅

Pangrapta perturbans (Walker, 1858)

ヤガ科(Noctuidae)
シタバガ亜科(Catocalinae)
〇2017.07.29 里山
 
 

ハミスジエダシャク 翅三条枝尺蠖

Hypomecis roboraria displicens (Butler, 1878)


シャクガ科(Geometridae)
エダシャク亜科(Ennominae)
〇2017.07.29 里山(♂)

  • 色合いが少し違います。


〇2017.06.10 里山

 

ウスバキトンボ 薄翅黄蜻蛉

Pantala flavescens

Libellulidae トンボ科
〇2017.07.29 里山(♂)

○2012.07.03 近所で(♀ 写真の追加)
  • この個体も、腹部、尾部の様子から♀のようです。

○2007.07.01 陸平で(♀)



2017年7月15日土曜日

ツノトンボ 角蜻蛉

Hybris subjacens

アミメカゲロウ目
ツノトンボ科
Ascalaphinae亜科
〇2017.07.15 里山 ♂



  • やっと♂ですね。 


2011.09.07 近所(孵化)


  • 草刈りをしていたら、これはなに?と云う感じで、ヒメムカシヨモギにびっしりとついていました。
  • アリジゴクに似ているので、アミメカゲロウの仲間と思いましたが、なんとツノトンボの幼虫でした。(その後、調べたのですが、キバネツノトンボ、オオツノトンボの幼虫との区別が分かりませんので、ツノトンボの類の幼虫となります。)ただ、時期的には、ツノトンボか?
  • この幼虫は、すり鉢状の巣を作らず、石の下などに生息しているそうです。(ウィキペディア)

○2010.10.22 庭でうろついていたこれは?



2011.09.03 雪入ふれあい公園で(♀)

  • 一緒に観察会に参加した男の子が捕まえたものを、撮らしてもらったものです。
  • あまり出来がよくないので、また、見つけたいものです。♂は赤っぽいそうですので、こちらも見つけたいです。



2017年7月9日日曜日

モノサシトンボ 物指蜻蛉

Copera  annulata (Selys, 1863)


Platycnemidae  モノサシトンボ科
Copera  モノサシトンボ属
○2017.07.09 ♂♀

○2007.08.11 厳美渓で(♂♀)

○2006.07.29 七ツ洞公園
  • ♂の腹部9,10節が白くなっている。


コアシナガバチ 小脚長蜂

Polistes snelleni Saussure, 1862


262130610000
Vespidae スズメバチ科
〇2017.07.09 巣

○2014.04.08 庭で(女王蜂)
  • 15mm以上
  • 今年は、レンギョウで巣をつくるつもりでしょうか。

○2010.05.05 庭で(女王蜂)
  • 家のクジャクシダに、コアシナガバチが巣を作り始めました。
  • Gmaには、巣を攻撃しなければ、襲っては来ないといっているのですが、どうなることか。


2017年7月8日土曜日

コオニヤンマ 小鬼蜻蜒

Sieboldius albardae Selys, 1886

Gomphidae サナエトンボ科
Sieboldius コオニヤンマ属
〇2017.07.08 茨城県 ♂

  • 目の前の杭に止まってくれました。
  • 頭部後縁に一対の三角状の突起があり、小鬼の名にふさわしいですね。


○2016.07.05
  • 幅広の枯れ葉型の面白い形です。

○2013.06.29 茨城南部で(♂)
  • 久しぶりです。
  • キタテハを捕食していました。
  • 下から見上げていると、キタテハの翅がヒラヒラと落ちてきました。

○2006.06.17 七ツ洞公園で(♂)
  • 後脚がやたら長くみえます。



モートンイトトンボ モートン糸蜻蛉

Mortonagrion selenion

イトトンボ科 Family Coenagrionidae
モートンイトトンボ属 Genus Mortonagrion
〇2017.07.08 茨城県
♂未成熟
♀成熟
♀未成熟
○2016.07.05 茨城県
  • 環境省 準絶滅危惧 Near Threatened (NT)
  • イギリスのトンボ学者Kenneth Morton(ケネス・モートン)氏にちなんで 

茨城県 準絶滅危惧


ブナカイガラタマバエ(ブナハカイガラフシ)

Oligotrophus faggalli Monzen, 1955


Cecidomyiidae タマバエ科
Cecidomyiinae亜科
Oligotrophini族
〇2017.07.08

  • ブナの葉表にびっしり
  • 似たものに、ブナハウラカイガラフシというのがあって、これもタマバエの類の虫こぶのようで、紛らわしいです。
 
 


2017年7月2日日曜日

キイロスズメバチ 黄色雀蜂

Vespa  simillima xanthoptera Cameron, 1903


262130610000. Vespidae スズメバチ科
〇2017.07.01 里山

  • ケブカスズメバチの本州以南に生息する亜種


Japanese yellow hornet
 
 

2017年7月1日土曜日

サッポロアシナガムシヒキ 札幌脚長食虫虻

Molobratia sapporoensis (Matsumura, 1916)

292190490300
Asilidae ムシヒキアブ科
Dasypogoninae 亜科
〇2017.07.01 里山

  • やはり7月頃発生するようです。


○2014.07.12 里山



  • 腹部第1節が黒。小楯板の後縁に刺毛がない。複眼間も狭いような気がします。
  • 以上はあっているのですが、腹部背板の後側部に白色微粉による斑点があるというのは、確認できませんでした。

【参考】 ムシヒキアブ図鑑


ムラサキシジミ 紫小灰蝶

Arhopala rama (Kollar, [1844]) 


Lycaenidae シジミチョウ科
Lycaeninae シジミチョウ亜科
Theclini ミドリシジミ族
〇2017.07.01 里山(♂)
  • 食草であるアラカシの葉に止まっていると、それらしいですね。
  • ミドリシジミ族ではあるのですが、日本産ゼフィルス25種のうちには入っていないようです。
○2012.08.08 美浦で(♀)

  • 翅を広げて見せてくれました。
  • ♀は明るい青に輝いています。♂は、青の範囲が広く、濃い青のようです。
○2006.08.05 雪入の里で

○2004.11.28 牛久自然の森(♂)
  • 前翅表の青色部が♀よりも広く、中室を越えて広がる。


ヒガシオビヤスデ 東帯馬陸

Epanerchodus orientalis


オビヤスデ目オビヤスデ科
〇2017.07.01 里山

  • 体節後縁の左右に鋭く尖った突起が見られる。