2016年11月6日日曜日

ムネボソアリ

Leptothrax  congruus F. Smith, 1874

Formicidae アリ科
Myrmicinae フタフシアリ亜科
〇2016/11/06 里山

 

クロモンヒラアシウンカ or ゴマフウンカ

クロモンヒラアシウンカ
Cemus  nigromaculosus (Muir, 1917)
ゴマフウンカ
Cemus  nigropunctatus (Motschulsky, 1863)
Delphacidae ウンカ科 
Criomorphinae亜科
似た種で、♂の把握器の形状により区別されるようです。

〇2016.11.06 里山


  • 竹の中に、アリと一緒にいたのですが、上は幼生、下は短翅型の成虫のようです。

ウメマツオオアリ

Camponotus (Myrmamblys)  tokioensis Ito, 1912

Formicidae アリ科 (B)
Formicinae ヤマアリ亜科
〇2016/11/06 里山

  • 竹の中で
 

トビイロケアリ

Lasius (Lasius)  niger (Linnaeus, 1758)

Formicidae アリ科
Formicinae ヤマアリ亜科
〇2016.11.06 里山

  • 竹のなかで
 

クロナガアリ

Messor  aciculatus (F. Smith, 1874)

Formicidae アリ科
Myrmicinae フタフシアリ亜科
〇2016.11.06 里山


  • この時期、種を巣穴に運んでいます。
 

2016年11月5日土曜日

ゴマダラチョウ 胡麻斑蝶

Hestina persimilis (Westwood, [1850])

Nymphalidae タテハチョウ科
Apaturinae コムラサキ亜科
Hestina ゴマダラチョウ属
〇2016.11.05 里山

○2015.05.23 茨城南部の里山で
  • 1化目で羽化したばかりのようでした。
  • やはり、蛹の殻はみつかりませんでした。
  • この木には、たくさんのヨコヅナサシガメがいるのですが、よくぞ、羽化したものです。


○2013.08.03 茨城南部の里山で
  • 1化は5月頃ですから、羽化したての2化の個体と思われます。付近で蛹の抜け殻を探したのですが見当たりませんでした。
  • エノキの葉影でじっとしていてくれました。
  • しみじみ見ると、不思議で、きれいです。


○2013.02.02 茨城南部の里山で(越冬幼虫)
  • エノキの根元の枯葉の裏で