2011年5月30日月曜日

クロヒラタアブ

2011/05/30 写真などを追加

Betasyrphus serarius (Wiedemann, 1830)  
  • 5/30 家の庭で ♀のようです。
  • 手乗りになってくれました。
  • 一寸のハエにも五分の大和魂では、ニッポンクロヒラタアブとは雄のゲニでしか区別できないとされていますが、北隆館の大図鑑では、B.nipponensis の触角は黄色とされています。
  • また、Taxonomic Note on Syrphus nipponensis VAN DER GOOT (Diptera, Syrphidae) という論文でも、同様のことが記載されています。(・・・the third antennal segment is distinctly yellowish・・・)
  • 一寸のハエでのお話は当然、これらを承知のうえでしょうから、なにか理由があるのでしょう。
  • いずれにしても、触角も黒いし、分布的にもクロヒラタアブと思われます。

参考

2009/11/10
 
クロヒラタアブ(黒扁虻) ハナアブ科クロヒラタアブ属
  • 家の庭の菊の花で
  • クロヒラタアブと近似種のニッポンクロヒラタアブとは、外見上では区分ができないようです。
  • アブの類はなかなか難しいですね。ただ、本州あるいは関東南部では見られないとする方もいるので、クロヒラタアブとしました。


参考
 

0 件のコメント:

コメントを投稿