2018年5月2日水曜日

ヘリグロテントウノミハムシ

ヘリグロテントウノミハムシ 縁黒天道蚤葉虫
Argopistes coccinelliformis Csiki, 1940

甲虫目>ハムシ科>ノミハムシ亜科
○2018.05.02 庭で(ヒイラギ)
  • ヒイラギの葉の中に潜り込んでいる幼虫
  • テントウノミハムシと区別は難しいようです。


○2011.06.09 庭で
  • 6/9 家のネズミモチで
  • テントウムシにしては、よく動きます。蚤葉虫という位ですから、跳んで逃げることがあるようですが、おとなしく手乗りになってくれました。
  • ナミテントウとよく似ているのですが、触角が長いので見分けがつくようです。
  • さらに、近縁の種に、テントウノミハムシがいるのですが、やや細めで、前胸背板前縁(前胸部と頭のつなぎ目の部分)は前方に突出しているそうです。




0 件のコメント:

コメントを投稿