2011年7月1日金曜日

ホソキリンゴカミキリ 細黄林檎天牛

(Oberea vittata vittata Blessig, 1873)
Oberea infranigrescens Breuning,1962
コウチュウ目>カミキリムシ科>フトカミキリ亜科

○ 2011.06.28 龍ヶ崎市「蛇沼」
  • 体長15mm程度 何についていたかは不明
  • とても細長いカミキリムシ
  • リンゴカミキリ、ニセリンゴカミキリなどとても似た種がいるようです。
  • この虫は、腹面の第5節基部に若干黄色部が残るほか、腹部1~3節の全部(または一部)が黒いので、ホソキリンゴカミキリと同定してよいようです。
  • 2007年に、それまで、O.vittataの亜種として扱われてきたものが、独立した種として、O.infranigrescensとされ、和名もそれまで、ニホンホソキリンゴカミキリだったものが、ホソキリンゴカミキリとされたそうです。
  • なお、それまで、ホソキリンゴカミキリとされていたO.vittataは、ツシマホソキリンゴカミキリとされており、やや混乱します。
参考


0 件のコメント:

コメントを投稿